葛本さん表_edited.png

葛本康彰
KUDZUMOTO YASUAKI

​ART

“人間の作為” と “自然の現象”の双方から素材にアプローチする独自の手法で彫刻制作を行う。廃材などの収集物を用いたインスタレーションや、いわゆる「里山」を舞台にした野外芸術企画の運営などを通して、人間と外界の関係性について考察している。日常当たり前のように触れ合っている自然現象や、それを知覚している身体を自覚し直すような場を提示したい。

I make sculpture by original method. The method is to act material from both human artificiality and natural phenomenon. Other works are installation used salvaged objects and art event promotion in SATOYAMA area. Through their works, I think about relationship of human and the outside world.

 

1988 奈良県出身 / Born in Nara Prefecture
 

個展

2022『罠、或いは待ち合わせ場所に似た I wanna be with you』 Art Spot Korin|京都 
『Four Sequences』 galerie16|京都
『Four Silhouettes』 Gallery一茶亭|京都

2021『なにもないとうつくしい something like a phenomenon or nothing』 大庄屋諏訪家屋敷|滋賀
『かたはらのものとことと something like a sculpture or nothing』 不二画廊|奈良

2020『人間と空気 human and air (life in the bottom of the blue air)』 AIR南山城村“青い家”|京都

2019『移動と系 migration and system (as a thing with the fluidity)』 Space31|兵庫

2018『故郷と現象 A hometown and phenomenon (the preset world is here)』 不二画廊|奈良
『眼の前の空を掬う everywhere we crawl in the air』 MU東心斎橋画廊|大阪

2017『孔はやがて空になる A void connect with the sky』 奈良町にぎわいの家|奈良
『軽いという重さ weightless is weight』 galerie16|京都